MediBiz_Letter kenshin’s blog

ビジネスを楽しく前向きに!

Medi Bizサポートマガジン第68号

Medi Bizサポートマガジン第68号

1)Medi Biz レター

ビジネスを楽しくワクワクと!をモットーのケンシンです。

月間ジョギングの距離が半分ほどになってきたら、体重も体脂肪率BMIも若干上昇気味。

しかし筋トレを増やしているためか、なんとなく以前よりは筋肉量が増えている印象。

ん〜ジョギングの距離を少し増やしてみます。

10月途中経過 10ラン 45.96km

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

#目次#
1)Medi Biz レター
2)医療リンク情報
3)MRおすすめ情報
4)MediBizエッセイ
5)Medi Biz Web情報

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2)医療リンク情報

厚生労働省

・指定薬物を含有する危険ドラッグの発見について
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=c4pNZeRHLP3Q7gDhY

・食品中の放射性物質の検査結果について(1207報)
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=BfwBFj2Bl8xwCUqXY

・「おうちで+10(プラステン)超リフレッシュ体操」特設Webコンテンツの公開について
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=k2qrBTcizGBdh1MBY

・「人口動態統計速報」令和2年8月分
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=k2qrBTcizGBdhy0BY

感染症エクスプレス@厚労省
<IDWR 感染症発生動向調査週報>
https://www.niid.go.jp/niid/ja/idwr-dl/2020.html

出典:厚生労働省ホームページ( https://www.mhlw.go.jp/
出典:感染症エクスプレス@厚労省 メールマガジン

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

3)MRおすすめ情報

▽▲インターネットラジオ「ゆめのたね」▽▲
毎週水曜AM7:30〜「毎日が全力疾走」
秋葉 豊さん(医薬品業界の方です)

https://www.yumenotane.jp
中四国・沖縄チャンネル
https://www.yumenotane.jp/chushikoku-mon
↑ここをクリックし、「再生ボタン」で聴けます

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

4)Medibizエッセイ

迷えるMR(医薬情報担当者)

「私の家政婦ナギサさん」でMR職の認知が広がりましたが、実際リストラが進む状況で、今さらMRを取り上げる?との印象でした。

そんなMR業界ですが、2020年のMR試験方法の変更と4月からのMRバッジの着用の義務化になりました。

第1回認定試験は1997年に実施されMR認定証の交付は1998年に交付され
MR認定制度が始まり22年経過しました。https://www.mre.or.jp

長年この業界に身を置く者としては、環境も随分変化しました。

サンプル(数症例分の臨床試用医薬品)など現在は見かけることも無くなりましたし、過剰な値引合戦もほとんど聞かなくなりました。

数十年前は、派手で豪華な接待は日常的に行われていましたが、現在はもちろん不可能です。

過去を回顧することではありませんが、その頃のMRは「よろずや」や「よろず相談」の要素を含んでいたような気がします。

それはそれで物事が上手く運んでいたことが多々ありました。

現在では、「MR認定制度」と2019年より始まった厚労省の「医薬情報提供ガイドライン」により大きく様変わりし、売り上げ至上主義からの脱却の方向に切らざるを得ないの現状です。

このような環境の変化でMRバッジの着用義務化は、ガイドラインの厳守と責任を明確化する目的もあるように見受けられます。

ますます、売り上げ至上主義からの脱却の方向に行くような気配です。

この業界の製薬会社、医薬品卸はこの30年ほどで吸収合併、リストラを繰り返してきましたが、今後も増加傾向のようですし、大学の就活でMR職は衰退する業種との位置づけされているようです。

この先MR数は減少するものの、オンライン診療、オンライン服薬指導も普及し医療のICT化は、政府の後押しもあり普及することは間違いありません。

そんな中、最近ではMRが訪問先の医療機関で、ZoomやSkypeなどの使い方を聞かれるケースが多いとも言われています。

以前にWindowsMac、インターネットが普及した時には、よく操作方法や導入方法などよく聞かれ、場合によっては一緒になり数時間費やしたこともありました。

オンライン医療でのIT機器の導入、操作、メンテナンスなど今後は広く普及することになりますので、このニーズというのは急速に増えていくものと思われます。

今後MRの副業も認められる可能性もあるので、将来はITサポートを個別契約するような形態が生まれてくるかも知れません。

MR人口は減少しますが、「よろずや」的なニーズは、時代が変わっても必要とされると思われます。

改めて「よろずやMR」を目指すのもドクターや薬剤師の先生と有益な関係を構築できるのかも知れません。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

5)Medi Biz Web情報

facebook ページ紹介

東海医療.com(オンライン診療情報)
http://ur0.work/xfwS

ジェネリック医薬品 医薬情報担当者
http://ur0.work/RK39

キッズファーマシストCafe
http://ur0.work/W3rg

介護ドッコム
http://ur0.work/vYea

栗.com
http://u0u0.net/w46X

Drone.com
http://u0u0.net/10uw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Medi Bizサポートマガジン登録は以下のリンクより可能です。
http://www.mag2.com/m/0001687904.html
発行システム:『まぐまぐ!』
http://www.mag2.com/
配信中止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001687904.html

\\\ LINE公式アカウントからも配信 ///
MediBiz友達登録はこちら!
https://lin.ee/iSiUuP7
☆チャット機能でも感想やご要望お待ちしております。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

編集企画  Medi Access 2019年発行
お問い合わせ 「ケンシン」まで
e-mail: info.mediaccess@gmail.com
Copyright 2019 Medi Access

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

Medi Bizサポートマガジン第67号

Medi Bizサポートマガジン第67号

1)Medi Biz レター

ビジネスを楽しくワクワクと!をモットーのケンシンです。

今は、再開したジムで走っていますが1回30分制限、マスク着用なので月間走行距離はいまいち伸びないでいます。

その分、器具を使用して軽い筋トレもしているのですが、やはりダイエット効果は出やすい気がします。

専門家の指導で行うと良いのですが、公共のジムでインストラクターも居ませんので自己流で継続してみます。

10月途中経過 6ラン 25.26km

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

#目次#
1)Medi Biz レター
2)医療リンク情報
3)MRおすすめ情報
4)MediBizエッセイ
5)Medi Biz Web情報

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2)医療リンク情報

厚生労働省

・食品中の放射性物質の検査結果について(1205報)
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=r1aaCoFSHtq4X7E9Y

・最近の医療費の動向-MEDIAS-令和2年度6月
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=6xLc0sPoInaynKF5Y

接触確認アプリ利用者向けQ&Aを更新しました
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=k2qhBGqEXutJ3ZUBY

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=r1adOFa4Ytd14aY9Y

感染症エクスプレス@厚労省

新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報について(国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/9324-2019-ncov.html

<IDWR 感染症発生動向調査週報>
https://www.niid.go.jp/niid/ja/idwr-dl/2020.html

出典:厚生労働省ホームページ( https://www.mhlw.go.jp/
出典:感染症エクスプレス@厚労省 メールマガジン

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

3)MRおすすめ情報

厚生労働省メールマガジン登録
https://www.mhlw.go.jp/mailmagazine/

感染症エクスプレス@厚労省メールマガジン登録
http://kansenshomerumaga.mhlw.go.jp/

▽▲インターネットラジオ「ゆめのたね」▽▲
毎週水曜AM7:30〜「毎日が全力疾走」
秋葉 豊さん(医薬品業界の方です)

https://www.yumenotane.jp
中四国・沖縄チャンネル
https://www.yumenotane.jp/chushikoku-mon
↑ここをクリックし、「再生ボタン」で聴けます

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

4)Medibizエッセイ

心に余裕が無い時は

心・気持ちに余裕がない時ほど判断を誤ったり、迷いが生じて決められなかったり決めたは良いが後から後悔したりといった経験があります。

自分の置かれた環境や周りの人の影響で左右される場合もありますが、そんな時ほど落ち着いて心に余裕を持たなければいけなかったな、と思います。

周りのペースや人のペースに巻き込まれる事はありがちですが、ちょっと引っかかることや腑に落ちないことがあった場合、立ち止まって冷静になったりと心に余裕が必要です。

『自分を見失わない』ということでしょうか?

最近「マインドフルネス」が良い、というのを目にしました。

いわゆる「瞑想」ともいうらしく、効果として

・集中力の高まり
・自律神経の修復
・ストレス低減
・リラックス効果
・想像力、洞察力の高まり
・眠れるようになる

このような効果があるみたいですね。

MR(医薬情報担当者)のような業務は、比較的基本単独行動で自分の判断で事を進めることができるので、心に余裕があることが多く思考も発展していくので良いのかなと思います。

日々、上司と顔を突き合わせ次から次へと業務を処理していくような環境では、より「マインドフルネス」が必要なのかも知れません。

特にこの感染症の影響下では、今までの常識が非常識になり通用しない時こそ、心の余裕を持って冷静な判断が必要になってきています。

一昔前の「時は金なり」「何事もスピードだ!」「とにかくスピードだ!」ではなく、

「本当に必要なもの」にこそ「価値」がある。

このことが、今の環境下で必要とされてきていると感じます。

今こそ、心に余裕を持つためにも「マインドフルネス」で頭の中をリセットしクリアな思考でいたいと思います。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

5)Medi Biz Web情報

facebook ページ紹介

東海医療.com(オンライン診療情報)
http://ur0.work/xfwS

ジェネリック医薬品 医薬情報担当者
http://ur0.work/RK39

キッズファーマシストCafe
http://ur0.work/W3rg

介護ドッコム
http://ur0.work/vYea

栗.com
http://u0u0.net/w46X

Drone.com
http://u0u0.net/10uw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Medi Bizサポートマガジン登録は以下のリンクより可能です。
http://www.mag2.com/m/0001687904.html
発行システム:『まぐまぐ!』
http://www.mag2.com/
配信中止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001687904.html

\\\ LINE公式アカウントからも配信 ///
MediBiz友達登録はこちら!
https://lin.ee/iSiUuP7
☆チャット機能でも感想やご要望お待ちしております。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

編集企画  Medi Access 2019年発行
お問い合わせ 「ケンシン」まで
e-mail: info.mediaccess@gmail.com
Copyright 2019 Medi Access

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

Medi Bizサポートマガジン第66号

Medi Bizサポートマガジン第66号

1)Medi Biz レター

ビジネスを楽しくワクワクと!をモットーのケンシンです。

Go toキャンペーンが本格的に始まりましたね。皆さんは利用されていますしょうか?

先週1泊2日で利用しましたが、ネット予約のクーポンやGo To トラベル、Go To 地域クーポンや地域特別のクーポンなど数種類を全て利用したところ、実質費用は交通費くらいでした。

食事の一部も地域のクーポンを利用でき大変お得に利用できました。

これほどもクーポンが費用を負担してもらえるとは・・・得した気分ですが・・・んー

いずれにしても人の動きが増えて、経済が活発になってきている印象でしたね。

10月途中経過 4ラン 16.51km

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

#目次#
1)Medi Biz レター
2)医療リンク情報
3)MRおすすめ情報
4)MediBizエッセイ
5)Medi Biz Web情報

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2)医療リンク情報

厚生労働省

・「人口動態統計月報(概数)」令和2年5月分
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=c4pQqmG_g3rWrsrhY

新型コロナウイルスに関連した患者等の発生について(10月7日各自治体公表資料集計分)
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=3ybxeRb2zsVsTX5NY

・地域ごとの感染状況等の公表について更新しました
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=sUifF3iYoKsCIxEjY

保険診療における指導・監査
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=j3ag2jTmhhOcRxIdY

・病院報告(令和2年6月分概数)
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=0yr5DbvTSnuhOsBBY

感染症エクスプレス@厚労省

<IDWR 感染症発生動向調査週報>
https://www.niid.go.jp/niid/ja/idwr-dl/2020.html

出典:厚生労働省ホームページ( https://www.mhlw.go.jp/
出典:感染症エクスプレス@厚労省 メールマガジン

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

3)MRおすすめ情報

MR専用サイト
MR-NET
http://c1c.jp/1386/bgsdGG/1954936

MR-NET@Facebook
http://c1c.jp/1386/vPDu9M/1954936

MR-NET@Twitter
http://c1c.jp/1386/HEnDYv/1954936

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

4)Medibizエッセイ

今だにコントロール出来ないアンガーマネジメント

アンガーマネジメントはご存知のように「怒りのコントロール」です。

過去にアンガーマネジメントの勉強をしたり、時には思い出して実行したりしていますが最初の「6秒ルール」をなかなか克服出来ないでいます。

最近、自分はHSP(Highly Sensitive Person)の部分を持っているのでストレスの原因なのかも知れないとか。

やはり仕事が原因なのか気分が晴れない

などついつい原因を探してしまいます。

これは典型的な鬱状態なのか?

客観的に見ればその様に診断されるのかも知れません。

そもそもこんな内容を書いていること自体怪しいのか

自分で気づいているうちは大丈夫だとか・・・

いずれにしろ怒りや苛立ちに対しての6秒ルールは、たまに頭に降りて来るのですが

6秒カウントしても難しいのです。

しかし年齢を重ねることも原因の一つという説もあるので

嫌われないオヤジを目指すためにも、改めてアンガーマネジメントについて素人なりに簡単にまとめてみました。


「アンガーマネジメント」

怒りや苛立ちの感情をコントロールすること

・ストレスを減少させる
・衝動的な行動を抑える
・心を平穏にし根本的な解決策へ導く

3つをコントロールすること
・衝動
・思考
・行動

衝動
・イライラしたら6秒待つ
・6秒ルール
・鉄則

思考
・こうあるべきと考えない
・相手は、こうするべきと考えない
・理想と現実のギャップを認識する

行動
・コントロール出来ないことは避けて期待しない
・自分との価値観の違いと理解する
・自分でできることに注力する


超簡単ですが、このような感じでしょうか。


しっかりと専門的に勉強してはおりませんが、自分をうまくコントロールするためにも

最初の「6秒ルール」を克服し

「〜であるべき」
「〜と期待する」
「なぜ〇〇でない?」

という思考の自分に気づき、排除できるレベルまで達したいと思います。


いつの日か周りの方々が、私に接した時

ケンシン、なんか丸くなったか?
ケンシンは、仏様のようになった。

と感じていただけるよう、今年いっぱいは頭に入れて行動していきたいと思います。

・・・合掌・・・

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

5)Medi Biz Web情報

facebook ページ紹介

東海医療.com(オンライン診療情報)
http://ur0.work/xfwS

ジェネリック医薬品 医薬情報担当者
http://ur0.work/RK39

キッズファーマシストCafe
http://ur0.work/W3rg

介護ドッコム
http://ur0.work/vYea

栗.com
http://u0u0.net/w46X

Drone.com
http://u0u0.net/10uw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Medi Bizサポートマガジン登録は以下のリンクより可能です。
http://www.mag2.com/m/0001687904.html
発行システム:『まぐまぐ!』
http://www.mag2.com/
配信中止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001687904.html

\\\ LINE公式アカウントからも配信 ///
MediBiz友達登録はこちら!
https://lin.ee/iSiUuP7
☆号外情報も試験配信中!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

編集企画  Medi Access 2019年発行
お問い合わせ 「ケンシン」まで
e-mail: info.mediaccess@gmail.com
Copyright 2019 Medi Access

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

Medi Bizサポートマガジン第65号

Medi Bizサポートマガジン第65号

1)Medi Biz レター

ビジネスを楽しくワクワクと!をモットーのケンシンです。

今年も残り3ヶ月を切りました。

2020年、春を迎える前には感染症の影響で大きく環境が変化してしまいました。

夏の猛暑も過ぎいつの間にか10月に入っていますが、年始には想像も出来なかった1年になりそうです。

そろそろ1年を振り返る時期が近づいてきましたが、将来に繋がる明るい材料を増やしていきたいと思います。

9月合計 13ラン 72.76km + ハードワーク=100kmクリアとします!
10月途中経過 1ラン 4.5km

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

#目次#
1)Medi Biz レター
2)医療リンク情報
3)MRおすすめ情報
4)MediBizエッセイ
5)Medi Biz Web情報

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2)医療リンク情報

厚生労働省

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=0yr0sNNUhu_0_BFBY

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) のお知らせを更新しました
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=U6p0MFPUBm90fKLBY

・国内の発生状況について更新しました
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=g3qk4IME1r-krHARY

自治体・医療機関向けの情報一覧(新型コロナウイルス感染症)を更新しました
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=i3Ks6IsM3respHkZY

感染症エクスプレス@厚労省

◆インフルエンザの発生状況(2020年10月2日公表)
 2020年第39週(9月21日~9月27日)のデータを公表しました。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou01/houdou.html

<IDWR 感染症発生動向調査週報>
https://www.niid.go.jp/niid/ja/idwr-dl/2020.html

出典:厚生労働省ホームページ( https://www.mhlw.go.jp/
出典:感染症エクスプレス@厚労省 メールマガジン

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

3)MRおすすめ情報

▽▲インターネットラジオ「ゆめのたね」▽▲
毎週水曜AM7:30〜「毎日が全力疾走」
秋葉 豊さん(医薬品業界の方です)

https://www.yumenotane.jp
中四国・沖縄チャンネル
https://www.yumenotane.jp/chushikoku-mon
↑ここをクリックし、「再生ボタン」で聴けます

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

4)Medibizエッセイ

大きく変わった2020

当初2020年予測として1月にメルマガで記載していた内容は、以下の10項目でした。

この頃の新型コロナウィルス感染症は、まだ武漢市中心の状況で日本国内では1例目が報告されたような状況でした。

2020年医療を取り巻く今後の変化(当初)
 
1・医療とICTの融合が加速
2・オンライン診療、オンライン服薬指導の普及
3・人口減少によるクリニックの外来患者数減少
4・門前調剤薬局の減少、立地メリットの享受が減る
5・GE80%達成とGEメーカー淘汰・MRリストラの加速
6・製薬会社のAIとオンラインによる学術情報提供
7・卸の利益低下により流通業への転換期
8・スイッチOTCの急速な増加
9・医療とGAFAの融合によるヘルスケアの一元化
10・在宅看取りの増加

以上、上記内容の予測でしたが、その後、次第に感染症が拡大し医療を取り巻く環境が一転しました。

そこで2020年残り3ヶ月の時点で、どのように変化したのかを今後の予測も含めて整理してみたいと思います。

1・医療とICTの融合が加速

・・・コロナ禍において、政府のデジタル推進の方針もあり遠隔の聴診器、アプリ治療など普及していきそうです。

2・オンライン診療、オンライン服薬指導の普及

・・・ただし、積極的に取り組む医療機関とそうでない医療機関の2局化が進む気配。次回の診療報酬改定に点数アップはありそう。オンライン服薬指導は、大手調剤グループを中心に急速に普及拡大。

3・人口減少によるクリニックの外来患者数減少

・・・コロナ禍での受診率低下(特に小児科、耳鼻科)により人口減少以上のインパクトあり。小児人口の減少により小児科の影響がさらに拡大する。

4・門前調剤薬局の減少、立地メリットの享受が減る

・・・コロナ禍の受診率低下の影響で立地メリット以前の問題になってしまっている。
在宅を中心に注力傾向は増す。

5・GE80%達成とGEメーカー淘汰・MRリストラの加速

・・・直近の発表で9月末の目標は、残り1%未満だったがクリアしそう。メーカー淘汰はこれからか。MRリストラはさらに加速する。

6・製薬会社のAIとオンラインによる学術情報提供

・・・スピードアップしている印象。MRを介さない情報提供は並行して増加。

7・卸の利益低下により流通業への転換期

・・・利益確保を医薬品以外の分野に広がっている。流通機能の必要性はコロナ禍で明らかになった。

8・スイッチOTCの急速な増加

・・・コロナ禍においては、動きが止まっている印象。GE80%達成後にOTC化へシフトしそう。

9・医療とGAFAの融合によるヘルスケアの一元化

・・・オンラインへの新規参入が増え、普及段階。GAFAはヘルスケア全般の囲い込みが視野にある。

10・在宅看取りの増加

・・・コロナ禍の影響で介護事業の確保が優先されている。看護師による看取りの方向性。


以上のような状況変化といったところでしょうか。

生活様式が変化せざるを得ない中でまずはWebやオンラインを使った対応が中心になってきました。


そんな環境の中で手探りのような状態ですが、「必要とされる価値を提供できる」という事が、今一番求められている事なのかなと思います。

それは唯一オンラインでなくとも、対面でも求められる厳選された価値になるのかも知れません。

私も、いつしかそのような価値を提供できる人物になりたいです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

5)Medi Biz Web情報

facebook ページ紹介

東海医療.com(オンライン診療情報)
http://ur0.work/xfwS

ジェネリック医薬品 医薬情報担当者
http://ur0.work/RK39

キッズファーマシストCafe
http://ur0.work/W3rg

介護ドッコム
http://ur0.work/vYea

栗.com
http://u0u0.net/w46X

Drone.com
http://u0u0.net/10uw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Medi Bizサポートマガジン登録は以下のリンクより可能です。
http://www.mag2.com/m/0001687904.html
発行システム:『まぐまぐ!』
http://www.mag2.com/
配信中止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001687904.html

\\\ LINE公式アカウントからも配信 ///
MediBiz友達登録はこちら!
https://lin.ee/iSiUuP7
☆号外情報も試験配信中!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

編集企画  Medi Access 2019年発行
お問い合わせ 「ケンシン」まで
e-mail: info.mediaccess@gmail.com
Copyright 2019 Medi Access

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

Medi Bizサポートマガジン第64号

Medi Bizサポートマガジン第64号

1)Medi Biz レター

ビジネスを楽しくワクワクと!をモットーのケンシンです。

すっかり涼しく過ごしやすくなってきましたが、油断して体調を崩さないよう気をつけなければいけません。

単なる感冒でも医療機関へ気軽に受診できない状況ですからね。

継続して免疫力アップに取り組んでいきたいと思います。

先週は、ランニング以外のハードワークと筋トレの影響で、久しぶりに強烈な筋肉痛の状態です。

身体を動かした証を身体で感じることが出来るのも、若干心地よい気がします。

9月途中経過 12ラン 68.75km

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

#目次#
1)Medi Biz レター
2)医療リンク情報
3)MRおすすめ情報
4)MediBizエッセイ
5)Medi Biz Web情報

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2)医療リンク情報

厚生労働省

・介護事業所等向けに新型コロナウイルス感染症の対策等をトピック毎にまとめました。
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=o1p2f82pyECuNowxY

・介護職員にもわかりやすい感染対策の動画をまとめたページについて掲載しました。
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=p15ye8mtzESqMok1Y

接触確認アプリ「COCOA」の修正版(iOS版「1.1.4」)の配布を開始しました
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=0yoDOchDGdX2G2hBY

・10月は「年次有給休暇取得促進期間」です
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=BfzWdAmTcTafA2WXY

・食品中の放射性物質の検査結果について(1203報)
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=D_bcfgOZezyVCW6dY

・「人口動態統計速報」令和2年7月分
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=E-rAYh-FZyCJFYaBY

感染症エクスプレス@厚労省

<インフルエンザに関する報道発表資料>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou01/houdou.html

<IDWR 感染症発生動向調査週報>
https://www.niid.go.jp/niid/ja/idwr-dl/2020.html

出典:厚生労働省ホームページ( https://www.mhlw.go.jp/
出典:感染症エクスプレス@厚労省 メールマガジン

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

3)MRおすすめ情報

厚生労働省メールマガジン登録
https://www.mhlw.go.jp/mailmagazine/

感染症エクスプレス@厚労省メールマガジン登録
http://kansenshomerumaga.mhlw.go.jp/

▽▲インターネットラジオ「ゆめのたね」▽▲
毎週水曜AM7:30〜「毎日が全力疾走」
秋葉 豊さん(医薬品業界の方です)

https://www.yumenotane.jp
中四国・沖縄チャンネル
https://www.yumenotane.jp/chushikoku-mon
↑ここをクリックし、「再生ボタン」で聴けます

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

4)Medibizエッセイ

ワクワクはしくじりの原因

抽象的な表現ですが、自分の感覚が変化したきっかけを今でも覚えていることがあります。

それほど大した事ではないのですが、一つに学生時代20日間ほどボストンの田舎町にホームステイし帰ってきた時、物事に対する価値観が変わっていました。

以前は、まわりと同じだと安心感があり他の人と違うことに不安感を持っていたような気がします。

ところが妙な感覚で、帰ってきてからは周りと同じということにこだわっていた事に何の価値も感じなくなっていました。

世間一般的には普通なことかも知れませんが、私にとっては、大きな価値観の変化でした。

このことが今でも引きずっているのか

・他の人と同じことをする
・スタンダードを継続する
・まわりも同じだからそれで良い

良いのか悪いのか、このような考え方に対し拒否反応が出てしまいます。

のちに後悔することがあるのは悩みの種ではありますが、他と違うオリジナリティを考える事が楽しくワクワクする方を選択してしまいます。

これが結果的に良くない状況に到ってしまうことが多々あるのが難点ですが、そこは譲れないところです。

企業という組織に所属する人間には向いていないのか、協調性がないというのか分かりませんが、永遠の悩みであり今後も変わらない気がします。

何か抽象的な内容になっていしまいましたが、これからもワクワクするために新たな取り組みを考えていきたいと思います。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

5)Medi Biz Web情報

facebook ページ紹介

東海医療.com(オンライン診療情報)
http://ur0.work/xfwS

ジェネリック医薬品 医薬情報担当者
http://ur0.work/RK39

キッズファーマシストCafe
http://ur0.work/W3rg

介護ドッコム
http://ur0.work/vYea

栗.com
http://u0u0.net/w46X

Drone.com
http://u0u0.net/10uw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Medi Bizサポートマガジン登録は以下のリンクより可能です。
http://www.mag2.com/m/0001687904.html
発行システム:『まぐまぐ!』
http://www.mag2.com/
配信中止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001687904.html

\\\ LINE公式アカウントからも配信 ///
MediBiz友達登録はこちら!
https://lin.ee/iSiUuP7
☆号外情報も試験配信中!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

編集企画  Medi Access 2019年発行
お問い合わせ 「ケンシン」まで
e-mail: info.mediaccess@gmail.com
Copyright 2019 Medi Access

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

Medi Bizサポートマガジン第63号

Medi Bizサポートマガジン第63号

1)Medi Biz レター

ビジネスを楽しくワクワクと!をモットーのケンシンです。

4連休いかがお過ごしでしょうか?go to travel 中でしょうか。

活動するにもちょうど良い気候になりました。

go to travel もうまく利用するとかなりの激安で利用できますね。

私も10月に宿泊を予約しましたが、最上階に温泉付きのホテルが半額以下で予約できました。
旅行会社のWeb予約はお得ですね。

朝晩とも涼しくなってきたので、早朝起きるのが難しくなってきました。
ジムもいつの間にか再開していたので、連休中に距離を稼ぎたいともいます。

9月途中経過 9ラン 52.63km

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

#目次#
1)Medi Biz レター
2)医療リンク情報
3)MRおすすめ情報
4)MediBizエッセイ
5)Medi Biz Web情報

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2)医療リンク情報

厚生労働省

・食品中の放射性物質の検査結果について(1202報)
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=5x4rtz99UFo1Ust1Y

〇 統計情報
・令和元年(2019)人口動態統計(確定数)の概況
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=M8r6vNi6NVo_DHmhY

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) のお知らせを更新しました
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=lWxeyMR99fQx-VwHY

原子力災害対策特別措置法第20条第2項の規定に基づく食品の出荷制限の解除
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=F-7emPyeEX4bKFqFY

感染症エクスプレス@厚労省

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き第3版を公開しています
https://www.mhlw.go.jp/content/000670444.pdf

◆季節性インフルエンザ(2019/2020シーズン)の発生状況について
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000663066.pdf

<IDWR 感染症発生動向調査週報>
https://www.niid.go.jp/niid/ja/idwr-dl/2020.html

出典:厚生労働省ホームページ( https://www.mhlw.go.jp/
出典:感染症エクスプレス@厚労省 メールマガジン

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

3)MRおすすめ情報

厚生労働省メールマガジン登録
https://www.mhlw.go.jp/mailmagazine/

感染症エクスプレス@厚労省メールマガジン登録
http://kansenshomerumaga.mhlw.go.jp/

▽▲インターネットラジオ「ゆめのたね」▽▲
毎週水曜AM7:30〜「毎日が全力疾走」
秋葉 豊さん(医薬品業界の方です)

https://www.yumenotane.jp
中四国・沖縄チャンネル
https://www.yumenotane.jp/chushikoku-mon
↑ここをクリックし、「再生ボタン」で聴けます

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

4)Medibizエッセイ

上司あるある

企業に所属していると経営者でない限り、上司は必ず存在します。
また必然的に上司は選べません。

同僚との飲み会やランチタイムでは必ず話題に上がり、下手すれば終始その話題に尽きる事もありそうです。


私も企業では、それなりに貴重な経験がありますので様々な上司と向き合ってきました。

中でも「尊敬できる上司」「ちょっと勘弁して欲しい上司」など見てきましたが、今となっては後者は、反面教師といったところでしょうか。

「尊敬できる上司」とは私にとって

・この人に巡り会えたからこそ成長できた
・この人のおかげで世界観が広がった
・この人と一緒に仕事ができて本当に良かった

と思えた事です。非常に貴重な存在でした。


また、「勘弁して欲しい上司」とは

・自分もあの立場になったらこれだけはやらないでおこう
・こんな指示の仕方は無いな、自分だったらこうするのに
・なぜ責任転換するんだ、自分で指示していたのに平然と事実を覆すなんて

いま思い返せば暗黒の時期でした。
精神的に病んでいたかも知れません・・・いや多分病んでた?

と言う事で


〜「勘弁して欲しい上司」あるある〜

・指示が分かりにくい
(メールなどで指示されるが、文章の要点がわかりづらく難解な文章で指示される)

・業務を丸投げしてくる
(上司が上からの依頼を丸投げするが、上司が依頼内容や目的を理解していないのでさらに難解になる)

・指示内容が二転三転する
(午前中の指示が、午後には真逆になる。理由は無し。常に指示が毎回異なる・・・決断に迷いがあり定まっていない)

・指示命令の理由を伝えない
(ただ単に○○をしろ。理由を伴わないと単なるやらされ感しか無いため、モチベーションもなくなる)

・常に威圧的な態度
(威圧的に人を動かそうとする。それが人を動かす正解と思い込んでいる。イソップの”北風と太陽”を知らない)

・上層部・経営層の顔色ばかりを見ている
(判断・決断ができない、自分の考えが乏しい、自信がない)

・イライラをぶつけてくる
(物事がうまくいかないと人のせいにする、自分の対処する限界を超えている、どう対応して良いかわからない)

・責任を負わない
(物事が上手くいかないと部下へ責任転換しその場をやり過ごしたい乗り切りたい、権力・権限を手放したくない維持したい)

・慣習に固執する
(発想に柔軟性がなく、過去の慣習に安心感を持つ、成功体験に乏しい、深く考えたり悩んだり出来ないしない)

・IT不得手
(PC操作は必要最小限の事しかしない、常に部下に作業を投げる、10分で済むPC作業に半日以上かかる、毎回同じようなPC作業に常に人のサポートが必要、エクセルやワード、パワーポイントのレベルが低い)

・陰湿な態度
(些細な事を常に気にしている、自分の事が部下からどう見られているか非常に気になる、細かい小言を常に言う、しだいに部下との会話は減少し部下が避けるようになる)

・休日、夜間関係なくメールが流れてくる
(俺も仕事しているからお前も当然的な態度。仕事できます感、仕事してます感を出しているのだか、逆に時間内に仕事できませんと言っているようなもの)


こんな上司でも、できる部下が一人でもいると大部分のことは上手く進み、欠点がカバー出来てしまいます。

そこも問題ですが、いつかはツケが回ってきます。

何故なら、できる部下は気付いています。


〜「尊敬できる上司」あるある〜

・指示内容に説得力があり目的と手段が明確である
(何のために行動するのか、指示の内容に理由を示してくれるため理解でき取り組める、経験に基づいた手段と目的のため納得して行動できる)

・判断が敏速であり指示伝達がスピーディである
(敏速な判断を行い方向性がブレない、その時々の状況や指示の変化も的確でありインプットしてくれる)

・休日、夜間には一切メールを送らない
(業務と休息にメリハリがあると、業務の効率が上がりアイデアも浮かぶ事を知っている、そもそも緊急事以外は翌日も休日明けも同じと理解している)

・上司の考え方、方向性が伝わってくる
(部下に対し、業界の流れの中での自社の位置付け、向かっていく方向や取り組みを定期的に発信し続けている)

・常に自己啓発を心がけている
(社内社外問わず自己啓発に前向きで、自分への投資を惜しまない)

・探究心を常に持っている
(常に起こっている現象に分析や疑問もを持ち変化に敏感、情報発信、情報取集を心がけている)

・時には物事を大きく捉える視野が広い
(木を見て森を見ずの対義で、業界の大きな流れを見ながら向かう方向性を模索し続けている)

・失敗を失敗と見ない
(失敗を責めたりはせず次の行動へのヒントがあると考え、良い経験だと思いを共有してくれる)

・責任感があり寛大である
(部下に任せた業務に責任を持ってくれる、部下の責任ではなく自分の責任と認識している、厄介な事案や関わりたくない事案には必ず顔を出してくれたり同行してくれる)

・承認要求を満たしてくれる
(小さな成功事例でも認め承認し、徐々にステップアップさせてくれる、常に自分のことを気に留めていてくれる)

・この上司と仕事をしていると楽しくて仕方ない
(常に前向きな発言が多く、小さな失敗など笑い飛ばしてくれる)

以上が私の経験した「勘弁して欲しい上司」「尊敬した上司」でした。


尊敬できる上司と仕事とをしていると楽しくストレスフリーです。

結果、尊敬する上司の周りには、必然と優秀な人材が集まり良い組織で物事が良い方向に動いていきますね。

しくじり先生」ことケンシンより。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

5)Medi Biz Web情報

facebook ページ紹介

東海医療.com(オンライン診療情報)
http://ur0.work/xfwS

ジェネリック医薬品 医薬情報担当者
http://ur0.work/RK39

キッズファーマシストCafe
http://ur0.work/W3rg

介護ドッコム
http://ur0.work/vYea

栗.com
http://u0u0.net/w46X

Drone.com
http://u0u0.net/10uw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Medi Bizサポートマガジン登録は以下のリンクより可能です。
http://www.mag2.com/m/0001687904.html
発行システム:『まぐまぐ!』
http://www.mag2.com/
配信中止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001687904.html

\\\ LINE公式アカウントからも配信 ///
MediBiz友達登録はこちら!
https://lin.ee/iSiUuP7
☆号外情報も試験配信中!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

編集企画  Medi Access 2019年発行
お問い合わせ 「ケンシン」まで
e-mail: info.mediaccess@gmail.com
Copyright 2019 Medi Access

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

Medi Bizサポートマガジン第62号

Medi Bizサポートマガジン第62号

1)Medi Biz レター

ビジネスにひらめきとワクワクを!をモットーのケンシンです。

台風一過で以前よりは猛暑が和らいだようですが、不安定な天候で突然の豪雨は厄介でした。

ここ最近、前のようなうだるような暑さはなくなり、夜はエアコンなしで過ごせるようになり、快適になりました。

日中の外勤時もかなり動きやすくなりましたので、あとは行動制限の中でのモチベーション維持というところでしょうか。

9月途中経過 6ラン 37.86km

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

#目次#
1)Medi Biz レター
2)医療リンク情報
3)MRおすすめ情報
4)MediBizエッセイ
5)Medi Biz Web情報

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2)医療リンク情報

厚生労働省

接触確認アプリ「COCOA」の修正版(Android版「1.1.3」)の配布を開始しました
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=k2pW0gV1EnNqfskBY

・「新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)」を更新しました
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=2SAfFBuWVJLd1qpLY

・生きづらさを感じている方々へ
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=B_7BysVIikwDCHeVY

・食品中の放射性物質の検査結果について(1201報)
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=8wo1PjG8frj3_IZhY

<IDWR 感染症発生動向調査週報>
https://www.niid.go.jp/niid/ja/idwr-dl/2020.html

出典:厚生労働省ホームページ( https://www.mhlw.go.jp/
出典:感染症エクスプレス@厚労省 メールマガジン

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

3)MRおすすめ情報

厚生労働省メールマガジン登録
https://www.mhlw.go.jp/mailmagazine/

感染症エクスプレス@厚労省メールマガジン登録
http://kansenshomerumaga.mhlw.go.jp/

▽▲インターネットラジオ「ゆめのたね」▽▲
毎週水曜AM7:30〜「毎日が全力疾走」
秋葉 豊さん(医薬品業界の方です)

https://www.yumenotane.jp
中四国・沖縄チャンネル
https://www.yumenotane.jp/chushikoku-mon
↑ここをクリックし、「再生ボタン」で聴けます

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

4)Medibizエッセイ

出る杭は打たれる

よく使われることわざですが、企業の組織に所属しているとたまに聞くこともあります。

検索すると

・ 頭角を現す者はとかく人から嫉妬されたり憎まれたり邪魔をされる
・ 余計な事をする者は人から非難されたり制裁を受ける

自分と異なる考えや行動をとる人を排除、否定しようとする心理から来ており、
異なる行動、異なる思考に対する漫然とした不安も起因しているようです。

・変化を嫌い平穏無事を保ちたいという意識
・現実は、今の状態は良く無いのだがそれを認めない
・リスクを伴うことは避けたい

実際の組織の中では良くあることですね。

このメルマガを読んでいただいている方の中でも、一度は経験されていることかと思います。

例えば、ある取り組みで成功体験をもとに発展させ、展開していくと

「これは上手くいった、いけそうだ」
「次の成功にもつながるので広めたい、共有したい」
「他ではやっていない新たな取り組みだから顧客から受け入れられる」
「これは楽しく仕事ができるぞ」

こんなワクワクとした思考が次々と思い浮かぶ。そんな状況ではないでしょうか。

しかし・・・

「そんなことは、今までやっていないから駄目だ」
「社内的に通らないから無理に決まっている」
「誰が責任取るんだ、そんなことできるわけない」
「絶対にうまくいかない、成功するのか」

こんな様に抵抗やブロックされてしまいます。

わたしの経験でも実行できたものは2割ほどでしょうか、かなりの時間と労力を根回しや説得に費やしました。

途中から、これだけ労力をかけて実行するのがバカらしくなったり、最後まで理解を示してもらえない人が居たりと苦労しました。

結果は、すぐに出ない事も多いのですが時間の経過とともに周りの感覚も徐々に変化し、実行したことが理解され実証されたのではないかと思います。

しかし、このコロナ禍の時代に過去の慣習、今までこうだったからそうでなければならない、ということが通じなくなってきました。

実行してみて駄目なら次の手段、駄目だった理由を明確にし次に生かしつつ良いものにしていく、という積み重ねが次のスタンダードに近づいて行きます。

是非、今まで「出る杭」だった人や「出る杭」になりたかったが我慢していた人は、この機会に変化する中心になっていただきたいですね。

更に勇気と決断が必要ですが、「出過ぎた杭は打たれない」と松下幸之助さんが言っているよう「出すぎた杭は打つことすらできない」となることが、今は必要かも知れません。

「出る杭」が打たれないためにも、周りの説得と理解を根気よく求め続けることが必要です。

「出る杭は打たれる」でした、しくじり先生より。


※参考「カモメになったペンギン」ジョン・P・コッター(著)
Amazon.co.jp 詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/4478000344/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_TpcxFb1M4NPT9

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

5)Medi Biz Web情報

facebook ページ紹介

東海医療.com(オンライン診療情報)
http://ur0.work/xfwS

ジェネリック医薬品 医薬情報担当者
http://ur0.work/RK39

キッズファーマシストCafe
http://ur0.work/W3rg

介護ドッコム
http://ur0.work/vYea

栗.com
http://u0u0.net/w46X

Drone.com
http://u0u0.net/10uw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Medi Bizサポートマガジン登録は以下のリンクより可能です。
http://www.mag2.com/m/0001687904.html
発行システム:『まぐまぐ!』
http://www.mag2.com/
配信中止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001687904.html

\\\ LINE公式アカウントからも配信 ///
MediBiz友達登録はこちら!
https://lin.ee/iSiUuP7
☆号外情報も試験配信中!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

編集企画  Medi Access 2019年発行
お問い合わせ 「ケンシン」まで
e-mail: info.mediaccess@gmail.com
Copyright 2019 Medi Access

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲