MediBiz_Letter kenshin’s blog

ビジネスに愉しさとワクワクを!

Medi Bizサポートマガジン第124号

Medi Bizサポートマガジン第124号

1)Medi Biz メッセージ

ビジネスに愉しさとワクワクを!のケンシンです

先週はボジョレーヌーボーの解禁でした

スーパーに行ったら山積みになっていたので3本も買ってしまいました

まず1本目は爽やかなでフルーティな印象でした

しかし最近はペットボトルのワインが多く後始末には良いのですが

なんだかな〜という感じです

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

#目次#
1)Medi Biz メッセージ
2)医療リンク情報
3)MRおすすめ情報
4)MediBizエッセイ
5)Medi Biz Web情報
6)空撮屋さん.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2)医療リンク情報

厚生労働省
・食品中の放射性物質の検査結果について(1262報)
https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=rVYSga72n78deSQ_Y

中央社会保険医療協議会(中央社会保険医療協議会総会)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-chuo_128154.html

感染症エクスプレス@厚労省
<IDWR 感染症発生動向調査週報>
 https://www.niid.go.jp/niid/ja/idwr-dl/2021.html

 ◆インフルエンザの発生状況
  2021年第44週(11月8日~11月14日)のデータを公表しました。
  全国の定点医療機関当たり報告数は0.01(報告数:28件)です。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou01/houdou.html

出典:厚生労働省ホームページ( https://www.mhlw.go.jp/
出典:感染症エクスプレス@厚労省

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

3)MRおすすめ情報

▽▲メディカルビジネス情報源▽▲ 
MR-NET 日本初のMR専用サイト
http://c1c.jp/1386/bvY63D/1954936

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

4)Medibizエッセイ

『 Z世代のサードプレイス 』

以前にも「サードプレイス」について触れたことがありますが

今回は「Z世代」にとってのサードプレイスについてです


改めてサードプレイスとは

アメリカの都市社会学者レイ・オールデンバーグ氏が

1989年に提唱した概念のようです

人が生活をする上でまず2つの場所があります

ファーストプレイス」は「家」

「セカンドプレイス」は「職場や学校」があります

次に

「サードプレイスは」「家」や「職場、学校」以外の居心地の良い場所

これを「サードプレイス」と呼ぶようです


・人が集まることによりコミュニケーションが生まれる場所

・日常(家庭や学校)から離れて過ごせる場所

・地域の中に存在し活動できる場所


このように言われております


先日、ボーイスカウト指導者の方と話をする機会がありました

もちろん私も経験者で現在も多少関わらせていただいております

現在、ボーイスカウト人口も減少気味で

これは小児人口減少の影響はもちろんなのですが

どうも価値観の変化も関係しているのではないか

我々オジサン世代が少年の頃、活動してきた頃と今とでは何かが違う

という話題になりました


我々にとってのボーイスカウトという存在はどうだったか振り返ると


・学校でもなく、家でもない場所

・仲間と会える場所(その場所に行けば仲間が居る)

・年代も幅広く年下から大人まで交流できる場所

・野外活動により非日常を体験できる場所

・厳しい訓育でも成功体験ができる(訓練ではなく訓育という)

・教師や親から離れ自分達で律する中で過ごすことができる


今から思うとこんな環境にどっぷりだったような気がします

その頃はこんな気難しいことは考えているわけでもなく

ただただ楽しくて仕方がないっといった状況でした


では、現在のZ世代(青少年)たちの「サードプレイス」の環境はどうなのかというと


・暮らしの中での遊びの場

・学校以外での学びの場

・スポ少、サッカー、野球、ボーイスカウト

子ども食堂

スマホでのSNSの繋がり


この中でも最も多いと思われるのは「SNSの繋がり」かもしれません

SNSの繋がりだとリアルに会うこともないですし

わざわざリアルに会う必要もないのかもしれません

それを我々オジサンにとっては

「冷めている」と感じてしまうのかも知れません

我々オジサン世代は、ネットとリアルのハイブリッドが好きですし

日々ストレスにさらされている人間にとっては

「サードプレイス」に癒しを求めています


しかしリアルにしか体験できないこともあるのは事実で

特に野外活動などは、非日常の連続であり

野営(キャンプ)は、常に何かをしようとしても不便です

食事の調理から後片付け、テントを張ったりと

小さな成功体験の積み重ねとなります

これらを体験することにより

青少年は大きく成長していくことができるのかも知れませんね


やはり「ボーイスカウト活動」というものは

良い体験ができるのかなと思います

今まで私もお世話になってきましたので

これからも「Z世代」のサードプレイスを提供できるきっかけを

考えていきたいと思います


ボーイスカウトに興味のある方はこちらまで
ボーイスカウト日本連盟https://www.scout.or.jp/
お近くの団を探すhttps://www.scout.or.jp/team/
ケンシン e-mail:info.mediaccess@gmail.com

~office K~ ケンシン
https://peraichi.com/landing_pages/view/mediaccess2017

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

5)Medi Biz Web情報

facebook ページ紹介

東海医療.com(オンライン診療情報)
http://ur0.work/xfwS

ジェネリック医薬品 医薬情報担当者
http://ur0.work/RK39

キッズファーマシストCafe
http://ur0.work/W3rg

介護ドッコム
http://ur0.work/vYea

栗.com
http://u0u0.net/w46X

Drone.com
http://u0u0.net/10uw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

6)空撮屋さん.com

Vol.49『 ドローンの社会実験 』

最近では、ドローンを飛ばし高圧線や線路などの点検をする社会実験が活発になってきました

1週間に3〜4件の社会実験の記事を目にします

最近では、名古屋鉄道が災害時の線路や架線の点検のために

ドローンを飛ばしカメラ撮影し送られてきた画像により点検するという実験が行われました

以前の熱海の災害時もドローンのカメラが被害状況を撮影し被害状況の把握に役立ちました

これらの取り組みは、現実的にもすぐに活用できる事柄ですし

ドローンも手軽な小型の機体で鮮明な映像を撮ることができるのですぐに活用できます

有人のヘリコプターを飛ばすよりも手軽にすぐに実行に移せるというメリットは大きいですね

そうそう私の自宅に雨漏りの疑いがあるのでドローンを飛ばしてみます

〜空撮依頼は『空撮屋さん.com』まで〜
https://peraichi.com/landing_pages/view/kusatsuya

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Medi Bizサポートマガジン登録は以下のリンクより可能です
http://www.mag2.com/m/0001687904.html
発行システム:『まぐまぐ!』
http://www.mag2.com/
配信中止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001687904.html

\\\ LINE公式アカウントからも配信 ///
MediBiz友達登録はこちら!
https://lin.ee/iSiUuP7

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

編集企画  office K 2019年発行
お問い合わせ 「ケンシン」まで
e-mail: info.mediaccess@gmail.com
Copyright 2019 office K
https://peraichi.com/landing_pages/view/mediaccess2017

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲